長野県の要さん

長野県佐久市初コワーキングスペースiitoco!!共同代表、建築塗装職人2代目、家庭教師keyじゅく代表、企画設計業、漫才「シュガー&ソルト」として、「やりたいはやる」を軸に行動しています。

2017年を振り返る 「一」から「子」へ

2017年、28歳の今年はとにかくチャレンジの年でした。

遡るのが無理!充実してるってことです。

いつもありがとうございます!感謝です!

 

学ぶことの楽しさを感じることを書きます。

 

知性に負荷をかける。

 

筋トレをすると、筋肉がつくように。

◯トレというと体の外部がつくこと、テクニックと手段が多い。

 

知トレってものがあるかはわからないけど、負荷は次のステージに行けるチャンスである。広げることを重きと追わず、深さを知りにいく。

最初は大きくでる。風呂敷を広げるように動き回ってみる。

ここでつかめることは他者がいるってことよりも、自己の確立に近く感じ。

 

人は動き学ぶ。行動によって、新たな世界に行ける。

 

寝てるより座ってる、座ってよりも立っている、立っているよりも歩いている、歩いているよりも走っている。自分にとっての負荷がかからない方向の舵取りをすると、当たり前のように楽な方を選択してしまう。

気づいているかどうか、は自分と向き合い、問えるかどうか。

 

教育で志が見えたのはあるが、改めて、人生の全てが学びなんだと思う。

 

息切れがする、ストレスがかかることは次の世界を見せてくれる。

それは五感以上にフルに完成を深める感じ。

一瞬、前に手を伸ばし、自分の手を感じながらも、空気との距離を感じながら、流れを掴もうとする。

 

自分がどこにいるのかを知りたくて、動く。

行動と比例するほどに、思考の旅に出てみる。

人によっては文字をうったり、絵をかいたり、本を読んだり、動画を見たり、映画をみたり、人と話したり、景色をみたり、音に触れたり、思考は自由。

 

寝ててもなにも起きない。

引き寄せの法則ってあるけど、真実だと信じてる。

動いた時にしか起きない。

 

宗教の話って日本だとタブーな感じあるけど、宗教の話は興味深い。

東洋思想に興味を持ち、歴史を勉強を進める今、信仰がある人は内側、見えないところの強さがある。

 

自分よりも失敗談の多い人の話はしっくりくる。

僕も失敗散々して着たし、そのぶん挑戦したし、これからも挑戦するけど、食べるのと同等レベルに栄養として理解したら、なんか楽になれる。

 

ただ人はひとつの困難ぐらいは、乗り越えられる。

それがふたつ、みっつと重なると壊れてしまう。

孤独感が残るが、家族のつながりと、社会につながりがあるというのは改めて、感謝しかありません。

 

真実を見つけようと思考の深みに入っていく人と、真実を見ずに逃げ切ろうとしている人。

僕は今までは後者だ。

 

楽に楽にしようと、しようと、逃げ切ろうとしてきたように思える。

やっぱり目の前のことから逃げたくなることはあるし、実際に逃げてきた。

 

そして、立ち向かおうとしたとき、初めて自分と他人と、世界との距離感がわかった気がする。

 

定期的に同じようなことを書く人もいるし、僕もそうなのだと思う。

それは常にぶつかりながらも不器用に生き抜いている証拠なのだと、今ならわかる。

 

眠いことはあるけど、疲れたって実はあまりない。

言葉で疲れたーって言ってるときは、「あ、幸せ逃げてる(汗)」となっている。

 

人は眠くなる。

 

その自然の流れに任せて、合わせていく。

波長や流れに乗ることは重要で、今の流れに任せる。

無理やりの変更は自分の体や心をボロボロにする。

そもそも自然は操れない。

 

ご飯を食べるように、すべてを受け入れる。

来年の漢字は「子」

理由は子どもの子と、子というのは荘子老子孫子孔子たちの子。

自分も受け継ぐ。

人生学び続ける以外、ないのかな?とも思うぐらい、わからないことしかない。

 

一昨年は「真」、去年は「一」、今年は「子」

地元に戻り、毎年文字を決めて、走ってきた。3年がたつ。

 

来年は教育プログラムを作ります。

実際に動き回ってきた今まで、まだまだ動き足りませんが、証拠を残していきます。

 

生きる学び、学びたいことを学べる場、大切なことを教わりました。

作ります。

 

来年も何卒宜しくお願いいたします。

 

イエナプラン教育研修報告会に参加して感じたこと

先ほど、イエナプラン研修の報告会、ビデオ通話が終わりました。


僕なりの気づきをまとめます。

 

服部 秀子 (Hideko Hattori)さんのお話はわかりやすく、質問ひとつひとつに丁寧に答えてくださり、ありがとうございました。

 

話を聞く中で、イエナプラン校でも教育者がイエナプランを実践できているかというと、全員がそうではないという事実を教えてもらいました。

 

循環するリズミカルな活動のサークル対話、学習、遊び、催しの4つが十分にできているか。

ここで一つの問いは「できるとは?できているってなんだ?」となりました。
各活動が循環するのか、形式でなく、子どもたちをどう感じて、どう判断するのか。ひとつの答えは、まずは自分が学び続けたくなる状態、状況を作るってことかな。

 

異年齢のクラスで考えた時、実践できるか、より実践するための知識と行動。
個人的にはスピード感は大切にしてる。

 

実際に僕も自分なりにイエナプランを塾の中で実践すると、すべてを回すことができず、その子にあったプログラムを組むようにしています。
ただそれができているのか、はずっと向き合いたいし、服部さんが行う教育研修に参加したい。

生で学んできたことを、どうカタチにするのか。
聞きたいこと、学びたいことがふつふつ出てきます。そして、実践と照らし合わせたい。

 

世界で70億人以上いるように、人はそれぞれの感性で、70億通りの幸せがある。
その共通項で世界は分かれている。

学校の選択肢が増えることは子どもたちにとって、子どもが見えている世界からすると「人生の選択肢を増やす」選択となっているはず。

 

そもそも選択ってなんだ?
、、っと。キリがないので後の問いは付き合ってくれる方います?笑
言葉の意味付けをしてくださる方を募集!

本気の人の話を聞く機会って改めて、貴重で、そして本当に今回の報告会に参加してよかったと心から思います。

 

明日も満席のようで、楽しみしかないです。

 

www.facebook.com

ど素人が漫才へのチャレンジ(今年を振り返る)

こんばんは。

かなめ(芸名:ソルト)です。

 

久しぶりの更新になってしまいました。

今年のひとつのチャレンジである漫才(コンビ名:シュガー&ソルト)。

 

今日は初漫才の舞台である「佐藤新聞店 お客様感謝祭(相方シュガーのイベント)」にて2回目の舞台へ

左:キメ顔のシュガー

マジック歴 6年、口下手、宇宙からパワーも、もらっているようで、独特な世界観から、僕も踏み込めない領域。。謎です。。

 

右:ストローのソルト

シュガーさんをきっかけに漫才チャレンジ。

ソルトからシュガーに声をかけて、マジック漫才の扉を開き、1.5年

もともとお笑い好きで、やってみたいな、との夢が実現。感謝っす。

f:id:utabito0619:20171202170627j:plain

 

シュガーさんは企画準備やら漫才やらで忙しい様子。。

よっしゃ、俺が盛り上げるぞ!と気合い入るも空回りしたぜ。

 

「のびしろしかねーーー」

 

■今年を振り返ると、、、、

 ・今年は幼稚園では300名くらい来てくれて、2回も出演機会!

介護施設がシュガーがチャレンジ!マジック講座をしてそうで。手遊びは脳へもいいみたい。

・漫才兼司会もチャレンジしたな。

・公民館でも、出会いで紹介いただいて、立たせてもらったな。

・外イベントでは夏場で、猛烈に暑く、汗だくだくになりながらやった。

子どもたちにも、応援されながらパワーもらって、やりきった。など、2人でいる時間もながかったな〜と。

 

漫才兼司会の過去記事

kanamedesu.hatenablog.com

 

 

何より今年の一番の出来事は「2人のみ」を先月初めて行ったこと笑

ただ男2人での飲みってみんな行くのかな?という疑問も。

 

行った結果、、、、、謎が深まりました。シュガーはわかんねー笑

 想像している世界観が全く違うことが面白い。

 

飲むと饒舌になるシュガーさん、愛着あるところはまぁにくめないよね。

これからもレベルアップしていこー

 

使命である学校設立。大切な学校名を決めました。イエナプランを学ぶ旅 vol9

相変わらず眼鏡ー(目がねー)
かなめっす。

 

 

f:id:utabito0619:20170826162500j:image

四つ葉学校の創立メンバー

2017.8.24

 

写真をいくつかみてるけど、目の閉じる率高いなー笑

 

グループワークで創った【四つ葉学校】何度もなんども理念に戻り、時間ギリギリまで話し合い、最後は怒涛に仕上げたこの魂を込めた学校。短い時間で常に考え続けられた。

 

ヘトヘトだったけど、みんなメリハリがあって。
やるときはやり、やらないときはやらないスタイル。


誰もそんなことは言ってないし、決めてないのに。
時間内で仕上がったものを、伝えればいい。

ぼくもいつもならゴールを決めてから、順序立ててやることを剥き出しにやってしまう。


ただそうじゃないよな、と我に返り。


メンバーそれぞれが何を感じ取っているのか、真剣に聴けた。気づけた。本当に感謝しかない。

 

で、ぼくは四つ葉学校という名で学校を設立することに決めました。

 

メンバーとは今後は住む場所が異なり、離れてしまうけど、ゆるーく意見交換してこう。

 

勝手に話しかけまーす。

研修2日目!狂う。オランダでイエナプランを学ぶ旅へ vol8

f:id:utabito0619:20170822132256j:image

 

f:id:utabito0619:20170822132238j:image

 

f:id:utabito0619:20170822132334j:image 

 

本日は2日目、研修スタート。
イエナプランのイントラダクションにより、何を要点として抑え伝えていいのか、を把握。

 

言語化して初めて伝わる

良いものは良い、悪いものは悪いと伝えるとか、言葉というのは必要。もちろん感じ取る芸術、かんせいの部分で理解しようとするのも大切。

 

 

さて、8つのその人の特徴。個性を分ける。

コーチングやビリギャル坪田先生の著書で【人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書/坪田信貴】

(うーん...リンクできない)できた!

 

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

 

 

こちらのメソッドではないが、数値で洗い出し、時間をかけて、タイプ別をチームを構成。


特徴の異なるメンバーで自分たちがイエナプランの学校を立ち上げるなら、どうするかを話し合った。


コンセプト、学校の名前、校章を考えることがミッションとして与えられる。

 

午前の中では回答に行きつけない。

 

 

各々の教育理念について話す。

1日目も参加者25名のうち、何名かも話した。

それだけでも、今回来た意味があるほどの熱い想い。

 

教育ってなんだろうか?

 

日々、問いを立て、立ち向かう方々。

小学校の先生が多く、全体として先生は多い。

人それぞれ異なるが、現実と理想のギャップ。

日本社会の窮屈さをお話いただく。

 

ぼくはコワーキングスペースiitoco!!佐久のコワーキングスペース iitoco!! – 長野県佐久市内初の開設となるコワーキングスペース。 夢をかなえる場、地域の課題を解決する場、ワクワクが生まれる場。そんな場所を、みんなで一緒につくり上げていきます!!を運営していたり、自分が感じる問題意識や提案をした。

 

よくしゃべる。

 

いい印象だった。みなさんも熱くしゃべってましたよ?笑

 

それでも、まぁ脳と口が連動して、止まらない。

 

午後へ。

 

午後は建設視点で、学校の設計について学ぶ。
その後、またチームに分かれ、ディスカッション。


チームの中で学校の軸を決め、大切な4軸。
実際に学校を運営をするために、校長から学校の先生の配置人数、SV(スーパーアドバイザー)、事務員、生徒の数。
授業構成と、どう企画していくかを話す。

 

その後は、ディナー。
昨日はお酒も飲んで、気分良く飲んでおりますー。

 

リヒテルズ・直子さんという方

実際にお会いし、意見を交わすと、どこまでも狂ってる。いい意味でです。

 

止まらない。リヒテルズさんが感じている世界を捉え、日本を捉え、行動をし続けてる人。

問題提起をしてくださり、独自の意見から話を展開してくださる。

 

燃えている、燃えているより、それが当たり前。

日常の温度を上げる。ぼくもぼくなりにしてきたつもり。

 

やばいぞ。鳥肌しかたたない。(大学時代はトリッピー状態と、流行ることなく、1人でつかってたな笑)

 

決めた。戻ったら、佐久穂町のイエナプラン校に土足でズカズカはいる。

 

言い方はよくないが、ぼくなりに今回の研修から吸収し、吐き出す。提案というよりサポートできないかな?どんなことを今は求めてるのかな?

 

実際に教育をすると、移住を決める人がいるとする。そうした場合、教育の中での地域との密着度?良さがしっかり生かされているのか?雇用は?実際にその街で行きている人がイキイキしている?

 

問いは100個出せばいい。

その中でぼくができることは山ほどある。

 

自分の命をどう使うのか。最後は教育に注ぐ。全部。使命はそう考えてる。

あ、ちなみに今の色々とやってるスタンスはまだまだ突き通す。

人より3倍生きてる感じあるし、チャレンジすることでしか、観えない世界がある。

唯一無二の大越要。みんなそう。

 

やりたいはやる

 

このスタンスは今のところは変えない。

 

今回のチームで考えるプランはものすごく短時間で考えられてる。チーム構成は大学生2人、オランダロッテルダムに住んでいる幼稚園教諭をされていた方。

 

ここにいる方々と一緒に熱狂できたら、人生楽しい!

 

と、素直に思う。

 

 

 

いよいよ初日!ウェルカムパーティー イエナプラン教育を学ぶ旅 vol7

f:id:utabito0619:20170821121030j:image

研修所!

 

16時集合の中、着いたのは10時過ぎ。

前のめりすぎでしょ!?

 

ではなく、単に新しい場で慣れない空気感、言語ひとつでも気を使う、外は、常に緊張感があるのか、体が疲れている様子もわかる。

 

当日の16時集合に間に合うには。

職人の仕事をしてる(建築塗装)のか、朝は5時台に起きる。

 

今も5時だ。さっきから、1時間おきに眼が覚める。

興奮なのか、なんなのか。

 

ルームメイトは震え上がるほどの熱い想いを持った男。泣きそうたほど、嬉しい。もう今回参加した意味がある。

 

集合時に話しかけた方々は、小学校の先生。

安曇野支部を立ち上げた方、知見が広く、非常に勉強になるお話。本も貸していただけた。

 

それを今から読む。

 

もう1人の女性はオランダという国に興味があり、そこにある教育って?との思いで参加したようだ。

スゴくきれものなんだろうな、と話しててわかる。

 

大学の教授も参加されており、奥様と2人で参加。

連れられちゃって〜、と話しながらもやはり行動をされている方。

話し始めたら、熱いお話。教育を携わる中で伝えたいことを懸命に伝えて下さる。

自分自身の見解を展開して下さる。

お茶目で可愛らしい部分もある。

 

順序はバラバラであるが、興奮が隠さない。

 

f:id:utabito0619:20170821120750j:image

これはバスへ移動中〜

 

f:id:utabito0619:20170821120830j:image

バス!

 

f:id:utabito0619:20170821122502j:image

けんしゅうじ

 

 

そういえば…日本初前のタクシードライバーとの会話 イエナプラン教育を学ぶ旅 vol6

朝、日本を発つとき。
タクシーの運転手さんとのお話にて。

 

『中学では200人中、5番以内、入ったらやらなくなって、最後は下から何番目。高校は行けるところにいったから、最初は5番以内、でも入ったら下から何番目。突っぱねてた。なんか勉強やるな!の仲間意識笑

サラリーマンして、飲食店経営して、うまくいかなくて、今は人間の底辺であるタクシー運転者。娘にはそうはさせないと、中学受験に今向かっている。おれは本当に底辺だから。今は雇われる事で落ち着いたんだ』

 

そんなに自分のことをマイナスに言わないで(心が辛かった)

サラリーマンでも、経営者でも、何者でも、自分をそんなにいじめないで。

 

大学いけば、変わるって親御さんは信じてる。
お子さんはどうだろう?

 

こちらを読んでどう思うかは個人の自由。

 

ぼくは、もっとお父さん、お母さんと寄り添い、じっくりお子さんの事を話し合おう。

まだ人間としての懐の狭さ。

 

常に挑戦、吸収しろ。おれ。

奮い立て。お前は何に命使うんだ。使命はなんだ。