多動のいきもの。

多動のいきもの。大越塗装 建築職人2代目/学び舎key塾 塾長/漫才「シュガー&ソルト」/長野県佐久市初コワーキングスペースiitoco!!設立/信州古民家再生プロジェクト共同代表

そういえば…日本初前のタクシードライバーとの会話 イエナプラン教育を学ぶ旅 vol6

朝、日本を発つとき。
タクシーの運転手さんとのお話にて。

 

『中学では200人中、5番以内、入ったらやらなくなって、最後は下から何番目。高校は行けるところにいったから、最初は5番以内、でも入ったら下から何番目。突っぱねてた。なんか勉強やるな!の仲間意識笑

サラリーマンして、飲食店経営して、うまくいかなくて、今は人間の底辺であるタクシー運転者。娘にはそうはさせないと、中学受験に今向かっている。おれは本当に底辺だから。今は雇われる事で落ち着いたんだ』

 

そんなに自分のことをマイナスに言わないで(心が辛かった)

サラリーマンでも、経営者でも、何者でも、自分をそんなにいじめないで。

 

大学いけば、変わるって親御さんは信じてる。
お子さんはどうだろう?

 

こちらを読んでどう思うかは個人の自由。

 

ぼくは、もっとお父さん、お母さんと寄り添い、じっくりお子さんの事を話し合おう。

まだ人間としての懐の狭さ。

 

常に挑戦、吸収しろ。おれ。

奮い立て。お前は何に命使うんだ。使命はなんだ。