長野県の要さん

長野県佐久市初コワーキングスペースiitoco!!共同代表、建築塗装職人2代目、家庭教師keyじゅく代表、企画設計業、漫才「シュガー&ソルト」として、「やりたいはやる」を軸に行動しています。

明日、初1人旅前に感じること イエナプランを学ぶ旅へ vol2

いよいよ明日飛び立つ。インオランダ。

 

準備はいいのかな?わからないが、持ち物の不安より、自分の中にあるフィルターから、どんな世界が広がるのか。

 

とても興味深い。

 

f:id:utabito0619:20170817124100j:image

↑父と妹に千葉へ車でGOした昨日夜。

親戚の家へ

 

昨日今日は甥っ子姪っ子と遊んでいます。

楽しく幸せだ。

 

遊びすぎて、2時間の昼寝。

贅沢。

 

 

そして、朝いよいよ飛び立つ。

ここ最近、初1人旅前に感じることをまとめました。

 

1.学ぶことはゴールではない

どこかでここ2ヶ月ほど、イエナプランを通せば、【何かある】と期待しすぎていたところがある。

 

一緒に自分の軸を探す、というテーマでプロジェクトを行う女の子に話したら、【かなぶん(わし、あだ名)、それは違うんじゃない(的なこと)】

 

....そうだ!

 

ハッとした。

 

学ぶこと、初めてのこと、から勝手にゴールを見出していた。それもかなり短期的。

 

何を目的として、学びに行くのかを、改めて考えた日々。

 

2.考え続ける勇気

考えるは誰にでもできるが、考え続けられる人間は勇気があるものと思う。

 

それもマイナス面が出てきた時、どうするのか。

これは運営するコワーキングスペースiitoco!!佐久のコワーキングスペース iitoco!! – 長野県佐久市内初の開設となるコワーキングスペース。 夢をかなえる場、地域の課題を解決する場、ワクワクが生まれる場。そんな場所を、みんなで一緒につくり上げていきます!!の革靴職人さんに教えていただいた。

 

マイナスな感情はどこからも、隙を狙っている。

ふとしたとき、【これは無理かな?、忙しいし、時間がないし、お金もない】

 

日常にまみれ、考えなくなったりもする。

 

考え続けることは、良いことばかりではない。

特に真剣であり、使命と思えれば思うほど。

 

使命とは、命をどう使うのか。を指す。

コーチに教えてもらった。(夢を実現するため、コーチが必要と考え、お願いをしています)

 

この瞬間この1秒をどう使うか、なんてバカみたいに燃え続けるのは、ぼくみたいな凡人は圧倒的に燃え、バカで居続ける以外ないと思っている。

 

燃え続けたら、見える世界を知りたい。

ただそれだけ。

 

3.根本的に燃え続ける

何かをやりたいと決めたとき、ぼくの原動力は言葉にならないほどの情熱を短期で燃える感じ。

 

根っこの部分とプロジェクト毎(短期案件)は少し色味が違う。

根っこは激しく燃えない。継続して燃え続けられる量で決して、消さない。消せないものとしてある。

 

プロジェクトの場合は燃える材料となる素材を与えまくり、掛け算しまくり、出しまくる。

 

この2つを自分の中で位置付けができると、心の豊かさがあがるのが感覚としてわかる。これは幸せなこと。

 

4.感謝はカタチで示す

今までの28年間。ぼくなりにめまぐるしかった。

高校3年生までおねしょをし続けた。

大学時代は酒にあけくれ、たくさんの人に迷惑をかけた。東京でのリーマン時代は人のことを軽くみてるのか、特にギラついてた、わりにはプライドも高く、できる自分と勝手に信じた。

 

全く歯がたたなかった。

優秀な集団に囲まれると自分のちっぽけさに気づく。それ故に人と会うことができなくなり、うつに。

 

そこから、隣人の72歳の画家と知り合い、人生の軸と向き合う日々。一緒に旅をし、模索してくれたパートナー。今は地元(長野県佐久市)のお野菜を2週間毎に送っている。いつもハガキが届き、感謝をカタチにして返してくれる。

 

今は地元に戻り3年目。

カタチにもっとして感謝する。

 

買ってプレゼントってことでなく、サービスを提供する。自分ができる最大限なんかたかが知れててつまらない。1人で登る山はつまらない。

 

仲間と山を登る。同じ志を持った人と登る人生を歩む。

 

まとめ

まだまだ足りん足りん人間力。器。

自分自身との分別。

 

学びを遊びたい。強く強く遊びたい。

大学を創る、この夢のカタチも日々変化がある。

常に学び続け、考え続け、燃え続け、感謝をカタチに。

 

自分に正直に真っ直ぐ生きる。

生きる根本を自分で探りながら、明日からまた歩む。

 

一歩踏み出せる今に感謝。

本当に本当に今も変わらず、大越 要と関わってくださる方々に嘘はつかず、真っ直ぐ生きる。

相当抜けてて、バカやろーで、急で、意味わからないやつに拍車をかけつつ、今後とも宜しくお願いいたします。