長野県の要さん

長野県佐久市初コワーキングスペースiitoco!!共同代表、建築塗装職人2代目、家庭教師keyじゅく代表、企画設計業、漫才「シュガー&ソルト」として、「やりたいはやる」を軸に行動しています。

人生の道案内人

ぼくは家庭教師と職人のお手伝いをしている。

 

ここはどちらもサポートとしての役割。

 

目立ちたがり屋なぼくが、なぜ役回りとして見えないところをやるのか?

 

それは『サポートをすると人生の道しるべがみえるから』

 

どういうこと?

 

と、声が聞こえます。

 

サポートだったら、道しるべなんか見えないじゃん。

 

そうサポートとして、本気でやってたら、無理。

 

ぼくが言いたいのは『サポートじゃない。俺の人生の道しるべだ』と言う。

 

ん?何行ってるの?

 

とも、聞こえる。

 

補助、教師、コンサルなど、お手伝いレベル、お金もらってるからなー、マニュアルもあるし、それなりになるよな。

 

今までの蓄積されたものも、教えてくれる先輩や上司もいるし、なんとかなるかな。

 

俺『おい。ふざけるな。』

 

と、当事者意識なくして、得るものなし。

 

何事と本気でぶつかれば課題なんか、マニュアル通りも何もない。

 

ロボットじゃなく人間相手の仕事であれば、そのときの悩みは人それぞれ全く異なる。

 

それは単純に体調が悪かったり、直前にショックなことがあったり、彼氏と喧嘩したかもしれないし、もちろん事業がうまくいってないこともある。

 

何を言いたいかというと…

本当にその人の人生で『今』を知れるこおは自分の人生の『今』を知ることができる。

 

これは本気でやってる人には伝わる。

今なんだよなー。今。常に今。

 

その積み重ねが人生の道しるべであり、道案内人になっている。

 

ここでの道案内人はある道を紹介するのではなく、道を切り開く人と言った方がよかったかもしれない。

 

人生は真剣勝負。