長野県の要さん

長野県佐久市初コワーキングスペースiitoco!!共同代表、建築塗装職人2代目、家庭教師keyじゅく代表、企画設計業、漫才「シュガー&ソルト」として、「やりたいはやる」を軸に行動しています。

朝に強くなる5つの方法(超オリジナリティ)

さむい。。。って思うからさむいのかな?

暑いとは思えないけど、冷えてきたな~に変えました。

どうでもいいですが、先が見える言葉を投げかけると少し緩和される(気がする)。

 

と、【オリジナル朝に強くなる方法】をお伝えします。

 

1.毎朝朝食時間を決める

うちでは6:25に毎朝朝食食べるのが決まっています。

母はパン作り、父は新聞配達のため、早いのです。

結果、ルーティンとなり、規則正しい生活になっています。

 

2.夜の寝る時間範囲を決める

大事なのは範囲を決めること。

昔はよく「何時までに寝る!次の日のために!」と決めていましたが、

ぼくの性格から決めると守らないので(心に負担が、、、)

範囲を決めることに。

 

すると、なんかうまくいきます。

11時~12時と、ぼくはしています。

 

3.毎日寝る前の儀式を決める

儀式となるとちょっと大げさですが、、、

僕の場合は「好きな動画を見てる→大切な人と会話をする→寝る」

こんな流れです。

カラダの意識と言いますか、だんだん眠くなっていきます。

 

4.朝のワクワクをつくる

朝に楽しい時間があることを準備します。

ぼくの場合は「家族との会話」です。

母、父(妹は仕事柄、朝遅め、夜遅め)とはNHK見ながら、話してます(笑)

 

5.明日も本気で生きる心意気

なんですかね、無理やり5つ目をひねり出す(笑)

夢が見つかるとやることあるので、寝ますよね。

ぼくしかない、ぼくがやらないでだれがやる、そんな意識を自分に植え付けるのが大事。これって、朝でなくてもいい気が(よしとしよう)

 

参考になるかはわかりませんが、、超オリジナルです。

他の偉人の方の話の方がいいと思います。

 

ただ自分のことなので、いろいろ試して自分にあったスタイルを見つけるのが一番よさそうな気はします。

 

それではいつも通り朝食へ